介護転職コラム

介護職の求人【大阪編】

更新日:

東京の次に繁華街が多く賑やかな都道府県といえば「大阪」は外せません。
活気があり高齢者が元気な場所としても知られています。そんな「大阪」で介護職に就く場合、給料面や待遇にはどのような違いがあるのでしょうか。

大阪の介護士の給料は平均より上!

「介護福祉士」で見ると「大阪」は東京についで2番目に高い372.0万円になります。
大阪のその他の年収と比較しても決して低い水準ではありません。人も多く商売をしている高齢者の方が多い大阪。日本では長寿命ランキングでいつも最下位にはなってしまいますが、お年寄りが元気な場所でもるのです。

大阪市の特徴として特に中心部となる大阪市内には子どもが少なく高齢者が多い傾向にあります。大阪市の繁華街では子育てには向いていないと考える親が多いためです。
大阪市内でも場所によって多少の差はあるにしても5人に1人が高齢者の割合です。それが10年20年と先になると急激に高齢化が進んでいくことがわかります。平成22年では1407人程度だった高齢者が平成37年には2179万人にもなると予測され、これはそのままにしておくことが出来ない問題になっています。さらに高齢者の単身世帯も倍に増えると言われており改善をしなければならない状況にあるのです。

大阪で介護職で働くなら条件や待遇で選ぼう!

大阪で介護職を探す場合、選択肢はたくさんあります。初心者でも無資格でも働くことは出来ますし雇用形態もさまざまです。逆に有資格者であれば高待遇で迎い入れてもらえます。
時給でみても920円以上、正社員の雇用も多いので」介護職で安定して働きたい人にはおすすめです。高齢者の増加に伴い新しい施設もどんどんオープンしているので、オープニングスタッフとして人間関係に悩まずに働くことも選択肢に出来ると思います。

大阪で介護職の求人を探すなら、「インターネット」「派遣」で探すのがおすすめ。待遇がよく介護で働けるところが多いので選ぶべきだと言えるでしょう。「ハローワーク」などもいいのですが給料が安い案件も多く最初から「ハローワーク」のような条件や待遇が期待できないところで働かなくても問題ないと思います。土日休みなどの希望も伝えることが出来るのでまずは大阪市で良い求人がないか探すところからはじめてみましょう。若い人の介護職従事者も多いので同世代の方と一緒に働くことも出来るかもしれません。

大阪で生活していくなら介護士の道も十分可能性としておすすめです。今後の高齢化も問題になっていますし、子どもの人数も少ないので介護職は引く手あまたの状態です。今なら条件を選んであなたが働きたいと思える介護の職場を選べること、若い人も従事しているので同世代で働くことが出来るので介護職特有の人間関係で悩むことが少ないかもしれません。新規オープンのスタッフも常に募集があり、オープニングとして活躍することも出来ます。大阪ならあなたのやりたい介護職の形を追求できます。

-介護転職コラム
-

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.