介護転職コラム

社会福祉士の年収はどのぐらい?キャリアアップも

投稿日:

社会的にも需要が伸びる「社会福祉士」ですが、実際に介護職と比較して給料や待遇面はどのぐらいの差があるものなのでしょうか。介護職は薄給と言われる今、「社会福祉士」としてどの分野で活躍するのが一番いいのでしょうか。

「社会福祉士」の年収はどのぐらい?

「社会福祉士」を目指すのであれば外せないのが給料面でしょう。やりがいだけでは生活はしていけませんので、「社会福祉士」になることでどのぐらい給料面に違いは出てくるのでしょうか。厚生労働省のホームページを見ると、

平均年収 476万
平均給料 26万~35万

と表記されています。最低年収で380万程度、最高年収で550万円程度になります。「社会福祉士」同士でも金額に数百万の差が出てくることがわかりますね。
ここからさらに、「社会福祉士」としてどんな業種につくと年収が高くなるのかも見てみましょう。厚生労働省のホームページを見ると、

特別養護老人ホーム 430万円
知的障害者施設 410万円
福祉事務所 420万円
医療機関 420万円

と表記されています。それぞれほとんど差がないことがわかりますね。
介護職の中ではずば抜けて高い水準の年収であることもわかります。介護職の中でも安定して職業があるので将来性もあり、やりがいもある仕事であることがわかりますね。

さらに勤続年数が長くなり、管理職に就くことが出来れば700万円台の年収も夢ではないのです。介護職で高い給料を得たい人にとってこれ以上の高待遇はないでしょう。

「社会福祉士」としてもっと高い給料を目指すなら

「社会福祉士」としてどこかに勤めながらこれ以上高い水準の給料を得るのは簡単なことではありません。もっと年収を稼ぎたい人はある程度経験を積んだ上で、「独立開業」するのも悪くないでしょう。日本福祉士会でもこのような取り組みは積極的に行われているのである程度キャリアを積んだ上で独立開業も視野に入れておくと夢が広がりますね。とはいえ、まだまだ「社会福祉士」も少なく独立開業している人も少ないので本当にどのぐらい収入を得ることが出来るかどうかは不透明な部分もあります。

まだ初めた人が少ないからこそ今がチャンスともいえますね。介護職の需要はどんどんのびていきますので「社会福祉士」として活躍できる場を広げられるようにしていきましょう。

「社会福祉士」は介護職の中でも一般企業よりも年収がいいことがわかります。「社会福祉士」になれば将来的に安定した生活が送れることでしょう。ただし資格を取ることは簡単なことではありませんので、計画的に勉強し資格修得を目指していきましょう。活躍できる場が多いことはこれからの強みになりますし、仕事としてなくなることもないので、着実に学び結果を残していきましょう。

主要都市以外でも働き口はたくさんあるのも「社会福祉士」の魅力の一つだと言えるでしょう。高齢化社会だからこそ活躍できるやりがいのある仕事です。介護職は働き方次第で年収が変わることも覚えておきましょう。

-介護転職コラム
-,

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.