介護転職コラム

社会福祉士の就職先・受験資格とは?

投稿日:

介護業界で働くのなら「社会福祉士」の資格は取得すべきでしょう。介護の仕事において資格がなくても働くことは出来ますが、給料面や待遇の良い働き方を探している、将来的にキャリアップをしたい人ならばぜひ目指してほしい資格です。

「社会福祉士」になるにはどうするの?

「社会福祉士」は国家資格になります。
この受験資格を得るためには大きくわけて4つのルートがあります。

  1. 福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する
  2. 福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1~2年経験する
  3. 一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する
  4. 一般の短大を卒業し、実務を1?2年経験し、一般養成施設に1年以上通学する

福祉系の4年制大学以外は卒業後実務や通学が必要になります。そうなると卒業と同時に介護の世界に就職とはいかなくなります。それならば少し大変だとは思いますが大学に通いながら実習を受けて卒業する方法が一番でしょう。

「社会福祉士」の試験は簡単なものではありません。国家資格になりますし誰でも取得できるものではないのです。合格したいのであれば1年間で300時間は勉強しろと言われるような難易度の高い試験になります。中には何回も受講しても合格できない人もいるほど。福祉だけでなく心理学や医学的な面からもテストの範囲が出てくるので、気軽に受験して合格できるような試験でないことは覚えておきましょう。国家試験は過去問と比較してもそこまで違いがありません。国家資格を合格するためには過去問をどのぐらい問いて勉強したのかが求められます。さらに介護になると実務的な要素も問われるので余計に覚える範囲が広くなります。

「社会福祉士」の就職先は?

「社会福祉士」の勉強が大変であることはわかりましたが、実際に資格を取得して働く際の職場にはどのような選択肢があるのでしょうか。
社会福祉事務所をはじめ、知的障害者関係施設、精神障害者関係施設、介護老人保健施設など福祉に関わらず活躍できる場があることがわかります。医療機関に従事する場合もあります。ただし、生活相談員などは狭き門となっており資格を持っているからといって就職出来るわけではありません。希望する人も多いので倍率が高く相談員として勤務できたら嬉しいな程度にしておくといいでしょう。

ただし「社会福祉士」の需要は今後ものびていくことが予想されています。改定なども頻繁に行われていますので、より就職先が増え、待遇が変わる場合もあります。いつでも「社会福祉士」として勤務できるように常に勉強しておく必要があります。

介護においては筆記的な勉強はもちろん、実技を磨くことも大切です。その資格を取得することでどんな仕事で活躍していきたいのか考えておきましょう。「社会福祉士」同士でもどの分野に進んだのかによって将来の仕事や行う内容は変わりますので常に学ぶ姿勢をもって資格修得や勉強をするようにしてくださいね。

-介護転職コラム
-

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.