介護転職コラム

介護職のパートから正社員を目指すことは出来る?

投稿日:

介護職でパートをしている人も、将来的には正社員を目指したいと思っている人もいるのではないでしょうか。ですが、実際にパートで働いている人に話しを聞いてみると正社員への雇用は難しいといいます。本当にそうなのでしょうか。

介護施設が正社員への雇用に積極的では無いわけ

介護施設は国から運用資金をもらい運営しています。介護施設でも出来るだけ人件費をかけずに運営したいと思っているところが多いのも事実です。施設によっては正社員への雇用を積極的に行っているところもありますが、決してすべての施設がそうとは限らないことは覚えておきましょう。介護施設がパートから正社員にしたくない理由として、いつくかの理由があります。

  • 一度固定して給料を支給してしまうと下げることが出来ない
  • 厚生年金や社会保険などの費用がかかる
  • 黒字経営の場合ボーナスの支給が義務付けられている
  • 有給休暇などの待遇を検討しないといけない

などのデメリットが大きいことから、正社員への雇用を積極的に行わないところが増えているのです。その為、正社員雇用を最初から行う人数にも制限をかけている介護施設が多いのです。

介護職でパートから正社員になる時の注意点とは

ですが介護職は万年人手不足と言われているので、介護施設からしても出来るだけ辞めて欲しくない気持ちもあります。介護職の待遇が悪いことを理由に離職してしまう人が後を絶たないからです。それではせっかく教育をして仕事を教えたところで意味がありませんよね。その為介護施設によっては積極的に正社員への雇用を行っているので、思い切って転職をしてみるのも方法の一つです。介護職はどうしても長く勤めてしまうと他の業種への転職が難しいと言われる職種になりますので、時間をムダにすることはおすすめしません。

また、パートから正社員になる時に注意して欲しいことがあります。
パートから正社員に変わるということは業務内容にも変化が出てきます。責任が重くなること、シフトの柔軟性が減ってしまうので希望通りのお休みを取ることが出来ない可能性もあります。パートの時は調整してもらう側でしたが、ようは調整する側になるので思っているような形でお休みを取ることは難しいのです。
そういったデメリットも踏まえた上で、正社員として働きたいのかどうかしっかりと検討することが大切です。

安定した仕事といえば正社員というイメージもありますが、一番大切なことはあなたのライフスタイルにあっていて長く勤めることが出来るかどうかでは無いでしょうか。正社員の方が給料面の安定はありますが、その分お休みの調整なども難しくなりますので注意位することが大切なのです。介護業界はじょじょに給料面や待遇に関しても変化が起きているのであせらず様子をみるのもいいかもしれません。運営がうまくいっている介護施設では働きやすい環境ができているのです。今働いている介護施設に疑問を感じている人は一度比較してみるといいかもしれません。

-介護転職コラム
-,

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.