介護転職コラム

介護職でパートを希望する人の志望動機とは?

更新日:

介護職で働く人の中には「正社員」という雇用形態にこだわらず「パート」や「アルバイト」を希望する人もたくさんいます。特に介護職ではそういった特徴が見られるのですが、転職でパートを希望することを上手に伝えるにはどうしたらいいのでしょうか。

介護職への転職は「志望動機」や「面接対策」が大事

転職で介護職のパートを希望する場合、「志望動機」や「面接」でその理由をきちんと伝えなくはいけません。その内容次第ではせっかくのチャンスを逃してしまうことも。
どんな理由を伝えることで前向きに高評価に判断してもらえるのでしょうか。

  • 前職を辞める理由をきちんと伝えられること。
  • 異業種の場合、なぜ介護職を目指したのか?
  • これから介護職に付くことでなにをしたいのか?
  • 人が喜ぶ顔を見たい、社会貢献したいという気持ちを伝える

身内の介護経験や、体験談などがあれば面接で話してみるのもいいと思います。
介護の仕事はただ興味を持っているからといってうまくいく業種ではありません。身内がお世話になったことで介護職を目指したことを伝えれば信憑性がありますし、好感度があがること間違いありません。

またすべての介護施設はそれぞれ特色もあり、売りにしているところも違います。
はじめての業種だとつい定型文で話したくなりますが、その介護施設ごとの特色を理解した上で自分がどうしてここで働きたいと思ったのかどうかを素直に伝えることが大切です。
面接担当者もたくさんの求人者と合っていますし、定型文の言葉ではバレてしまいますよ。

介護職への転職は熱意を面接で伝えよう!

転職活動の心得として、「実績」は書類で伝えて、「熱意」は面接で伝えることがおすすめです。書類では驚くほど熱意がある内容を書いてあるのに、実際に会ってみたら熱意を全く感じない、こんな印象を与えてしまうと面接での評価は下がってしまいます。

どちらでも同じように伝えられるなら問題はありませんが、面接者の気持ちになって考える事が大切です。面接者からすれば今いるメンバーともうまくやってくれそうだな、うちに貢献してくれそうだなと感じれば採用しないわけがないのです。
面接者も人間ですし、一緒に働きたいと思える意欲がある人材を欲しいと思っているのです。ですので、あくまでも「志望動機」を書く時・話す時はテンプレートは参考程度にすることがおすすめです。
間違えても、支えてもいいのです。あなたの気持ちを伝える努力をしましょう。一番NGだとされるのは「前職への不満を話してしまうこと」です。職場によって不満にかんじることは必ず有ると思います。だからといってその気持を全面に伝える場所ではありませんので、面接ではくれぐれも前向きな話をして、一緒に働く未来を想像させることが出来れば心配ありませんよ。介護職だからというよりはどんな仕事の転職活動でも言えることです。
あなたは自分から転職できるチャンスを逃していませんか。

-介護転職コラム
-

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.