介護転職コラム

介護職の未経験からの転職は不利になる?

更新日:

介護職に転職する場合、「有資格者」の就職は採用時や給料面でも優遇されやすいことは明らかですが、「無資格」でも介護の仕事に挑戦してみたい、人の約に立ちたいと思う気持ちはありますよね。実際に介護職の求人を見ると「無資格」でも「経験がなくてもOK」といったような求人を見かけます。「無資格」でも本当に介護職で働くことが出来るのでしょうか。

「無資格」でも介護職で働くことは出来るの?

「無資格」の場合、介護の現場で出来ることと出来ないことがあります。「無資格」だからといって働けないわけではないので悲観的にはならないでくださいね。例えば、介護施設で働く場合も「無資格」でも十分働くことはできます。現在の介護法では施設に関する資格が問われてないことが多く求人があり、採用してもらえればもちろん仕事とすることは出来るのです。募集枠としては「介護補助」「介護助手」などの形で募集されていますので、求人を探す際はそこに注目するようにしてくださいね。
他にも高齢者の生活援助的な役割やお使い、生活用品のお買い物などを頼まれる場合が多いので資格がなくても働くことが出来るのです。

では、「無資格」の場合、働くことが出来ないのはどんなことがあるのでしょうか。
それは「訪問介護」と呼ばれる高齢者の家に伺い食事や入浴の介助を行うものですが、こういった「訪問介護」は1家に1人で伺いすべての作業をこなす必要があります。その為資格がないと出来ることと出来ないことが出てしまうので「無資格」の場合「訪問介護」をするのは難しいと言えるでしょう。高齢者や障害者のお世話も簡単なものではありませんので、わからない、知らないでは済まされないことがたくさんあるのです。

介護職で無資格の場合、出来ること出来ないことがある!

「無資格」の場合、どんな障害が出てくるのでしょうか。
それは何と言っても「給料」や「キャリアアップ」の面でしょう。
「無資格」でも介護職で働くことはできますが従事できる仕事が限られており、初歩的なことしか関わることが出来ません。このため給料待遇なども資格修得者よりも安くなってしまうことも多く介護のスキルをあげたいと思っても資格がないと難しいのでなかなか実現することが出来ないのです。

ではどうするべきなのか、簡単に取得できる資格でいいので介護に係る資格を取得することをおすすめします。例えば「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」は難易度も低く簡単に取得することが出来ます。受験資格もないので誰でも試験を受けることが出来るのです。

「無資格」のままでも十分やりがいのある介護職ですが、長く勤めて行く上でキャリアアップを目指したいと思っているのなら資格を修得して、出来る仕事を増やしていきましょう。
それがキャリアアップにも繋がります。給料面でも大きく変わりますので生活の豊かさにも変化が出てきます。介護職はとてもやりがいのある職種です!

-介護転職コラム
-,

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.