介護転職コラム

実務者研修の内容が知りたい!難易度は?

更新日:

介護職で将来に向けてキャリアアップを目指している方におすすめの資格に「実務者研修」があります。もともとは旧介護職員基礎研修・旧ホームヘルパー1級として知られていましたが、2017年1月より「実務者研修」に名前が変わりました。

介護士の最上位資格である「認定介護福祉士」へのルートの一つにもなりますので資格を取得したあともスキルアップを目標として仕事をしながら学べる環境があります。「実務者研修」とはいったいどのようなものになるのでしょうか。

「実務者研修」ってどんな資格なの?

「実務者研修」は、基本的に誰でも受講することが出来ます。
何も介護関係の資格を取得していない場合受講時間は450時間になりますが、
「旧ホームヘルパー」や「旧介護職員基礎研修」「介護職員初任者研修」などの
有資格取得者に対して、受講科目の一部を免除する制度が取り入れられています。

受講時間が短くなりますので、事前に申請するのを忘れずに行うようにしてくださいね。
それに合わせて受講料も割引になりますので「実務者研修」のお申込みをする場合は事前に検討してみてくださいね。

「実務者研修」では基本的な幅広い介護知識を学ぶことやケアマネージャーとの事務所の業務の円滑化など介護の幅を越えて活躍することができます。

さらに、「実務者研修」の場合、他の介護の資格と違うところがあります。実務的な医療ケアや知識も身につけることが出来ます。医療行為であり、医者ではないとうやってはいけない「たん吸引」や「経管栄養」の技術も身につけることが出来ます。

その為介護施設に留まらず訪問介護でも活躍できますし、「介護福祉士」へのキャリアアップも狙うことが出来るのです。実際には研修も必要となりますが介護に留まらず、医療の分野を知り活かすことが出来ること、関わることが出来るのがいいですよね。

「介護福祉士」から「介護福祉士」を目指そう!

「実務者研修」を終了するとすぐ上にある「介護福祉士」を目指すのをおすすめします。
「介護福祉士」はサービス責任者として務めることが出来ます。指定訪問介護事務所に必ず一人はいないといけない役職になり、介護職員との連絡や調整などを行います。管理者としての管理義務を行うようになるのです。

介護事務所としても欲しい人材になりますので就職時に有利なのは間違いないでしょう。
さらに需要が高い分、給料アップなども期待できます。

「実務者研修」は実務的な知識や医療知識など介護に関わっている人なら知っていてほしい大切な知識を学んでいる人達です。将来のステップアップとしても学ぶことが出来ますしやりがいも感じられる資格です。
実技試験もあるのできちんと勉強して介護士として結果を残していって下さいね。国では今後介護士として専門性の高い資格を持っている人を介護の中心になるようにさらに改革を進めています。介護士は誰でもなることが出来た時代から介護士として活躍するためには確かな知識と技術力が必要になりそうです。

-介護転職コラム

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.