介護転職コラム

介護職員初任者研修ってどんなことをするの?

更新日:

介護職の資格の中でも最短で目指すことが出来る資格に「介護職員 初任者研修」があります。介護の制度改正が行われ、修了試験が増えても施設実習がなくなったことにより、受講者の負担が軽減され、資格修得がしやすくなった資格でもあります。

「介護職員 初任者研修」ってどんな資格?

もともとはホームヘルパー2級が制度改正により「介護職員 初任者研修」になりました。施設実習がないので誰でも気軽に学ぶことが出来る資格になり、復習程度の簡単な終了試験のみの受講が必要です。万が一試験に落ちてしまっても何度でもチャレンジできるようになっており、授業をひととおり受講していれば受かる程度の水準ですのでそこまで心配することはないと思います。きちんと受講していれば誰でも合格出来る資格です。

「介護職員 初任者研修」はそもそも介護を行う際に、必要な技術や知識を理解し実践することを目的として作られた資格です。介護職の登竜門的な役割をしています。社会福祉士や介護福祉士などとは違い、受験資格がなく最短1ヶ月~長くとも3ヶ月程度で取得できることからとても人気があります。
高齢者や障害者の身の回りの生活援助や、介護施設などで働くことはもちろん、家庭内の介護の一貫として資格を習得する人も増えています。高齢化社会に置いて介護は誰でも経験するものです。それを事前に学んでおけば介護職の転職だけでなく身近な大切な人の援助にも役立つのでとてもやりがいのある仕事とも言えるでしょう。

「介護職員 初任者研修」について内容や給料が知りたい!

「介護職員 初任者研修」の資格を学ぶ前に受講内容を確認しておきましょう。
基本的には講義+実技で構成されています。施設実習が無くなった分、実技実習が増えました。実技ってどんなことをするのか最初は不安になるかもしれません。主に身体を動かしながら行うのですが、実際に車椅子を使って移動や乗り降りの際の注意事項を学びます。実技的な内容はすべて学べるので、実際に介護施設で働く際も困ることはありません。

介護職は無資格でも働くことは出来ますが、その分給料が安くなってしまいます。「介護職員 初任者研修」を取得しておくと給料のアップに繋がります。パートさんの時間給で850円~、高い人で1200円~1500円も貰える場合も。正社員の場合17万円~になり、勤続年数を重ねると資格の修得により給料があがるのでぜひ資格を取得するのをおすすめします。

「介護職員 初任者研修」は資格としては簡単に取れますが、仕事だけではなく私生活でも活かすことが出来る嬉しい知識がたくさんあります。自分の両親が高齢者になった時にさりげなく援助が出来たらいいですよね。最終的には高齢者や障害者の自立を目的として行っている制度になるので、一人では出来なかった内容をお手伝いすることで出来るようになる喜びも味わえます。誰かの約に立つ仕事であり今後ニーズも増えていくとされている安定性のある仕事です。

-介護転職コラム
-

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.