介護転職コラム

入居者である高齢者とトラブルを防ぐためにできること

更新日:

介護職の場合入居している高齢者や家族とのトラブルもつきものです。できるだけトラブルなどもなく平和に仕事をしたいと思っていても老人ホームという場所柄仕方がない部分もあります。新しく入ったスタッフなどはトラブルが嫌になり辞めてしまう人もいるのだとか。こういった介護職ならではのトラブルを防ぐために事前に気を付けることはできないのでしょうか。事例とあわせて紹介しますので参考にしてみてくださいね。

老人ホームの入居者同士のトラブル

老人ホームの場合、入居者同士によるトラブルもつきものです。同じ施設に大人数の人が生活をともにしているのですからもめごとはおきて当然ともいえますよね。当の本人同士はいいかもしれませんがまわりにいる人からすれば不快に感じることもあるでしょう。

高齢者の人に多いのは認知症に関するトラブルです。幻聴などが聞こえてしまい、ありもしないことをまわりの人に話しトラブルにある場合もあります。老人ホームなどは狭い世の中になりますのでこういった変わった人に対して悪口などもおき、人間関係の悪化に繋がることもあるのです。

高齢者だからといって人間関係が円満なわけではなく、いじめや仲間はずれなどの入居者同士のトラブルもつきものであるのを忘れないようにしましょう。

こういったトラブルが置きてしまった時は当事者同士の距離をあけることで、問題が解決する場合もあります。感情を含めてきいてしまうとスタッフももめごとに巻き込まれてしまうことになり、どちらの味方もできないスタッフにとって辛い状態になりかねません。

介護者とスタッフのトラブルとは?

もちろん介護者と介護士の間でトラブルがおきてしまうこともあります。そもそも介護職とはサービスになるため、利用者同士が楽しく過ごせるように介護士が工夫する必要もあります。とはえどもわがままの介護者や家族によってトラブルはつきものになるのです。

例えば、介護者の家族がクレーマーの場合もあります。施設の方針だからといって断ると大きな声で怒鳴りちらしたりクレーマーのような電話がかかってくるなどのトラブルもあります。そういった家族の場合介護者が施設を転々としていることも多く、入居時に介護士の間で話題になります。できるだけトラブルをおこさないように注意しながら対応しますがそれでも意味なくクレームの電話は続きます。

なかには介護者に問題があるケースも多く、老人ホームにきてなんでも自分のお願い事をきいてくくれると勘違いしているケースです。介護士を下に見ている場合も多く、恋愛感情をもってしまうなどトラブルメーカーになってしまいます。

こういった介護者とのトラブルはできるだけ1人で対応させないようにします。というのも1対1だと当事者同士の話になり折り合いがつかないことも多いからです。そのため問題が多い介護者に関しては複数人の介護士が対応するようにして異性の介護士を近くに寄らせないなどトラブルにならないように工夫しています。また申し送りでも情報の共有はしっかりとおこなわれていますので、こういったトラブルにあってしまった時はすぐに同僚に相談するようにして、トラブルにならないように注意してくださいね。

介護士と入居者、家族などトラブルは常につきものです。対処法さえ知っていればあとあと大変なこともありませんし、1人で責任を感じることもありません。全体がチームで動いているからこそ頼れる存在であることを忘れずにいい経験だと思って前向きに対応するようにしましょう。

介護職に関わらずこういったお客様とのトラブルはどこにでもあるものですので、介護士として自信をもち仕事をしてくださいね。

-介護転職コラム

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.