介護転職コラム

介護職は40代からの転職もできるの?何歳まで働ける?

更新日:

現代は永久就職などもなく不安定な時代です。40代・50代になってから今までの会社を辞めて新しい業種で働く人も増えています。なかには定年退職後に働く人もいるなど転職する年齢は昔では考えることができなかったぐらいに変わっています。そんななか40代から今後の安定を考えて介護職に転職をする人もいます。実際に転職してみてどうなのでしょうか。また介護職の場合何歳ぐらいまで働くことができるのかなど気になるポイントについて説明します。

40代で介護職に転職できる?

40代から介護職につきたいと考える人のほとんどが未経験者による転職でしょう。
まったく違う業種から安定を求めて介護職を希望する人は多いものですが、実際に40代から転職できるかというと未経験の場合なかなか難しいかもしれません。

というのも介護職の場合介護者を持ち上げるなど力仕事がメインになることも多く、腰を痛めてしまう人も多いことが理由の一つです。実際に40代から介護職に転職する人は多いものの、途中で辞めてしまう人も多いのです。採用する側はできるだけ長く働いてもらい介護職に従事して欲しいと思っているので腰を痛めるなどの可能性があると「大丈夫かな?」と躊躇してしまうのです。

そのためどうしても若い介護士の方が採用されやすくなり40代から未経験だとなかなか決まらないという人も多いのです。そもそもどの業種でも40代から転職するとなればパートやアルバイトならともかく正社員採用は難しい場合が多いのではないでしょうか。

とはいえ、未経験でも正社員で介護職に勤めている人はいます。
そのポイントとして面接時の対応があるのではないでしょうか。
介護職の面接ではいったいどういったポイントをみて判断しているのかというと後はあなたの“やる気”です。介護職を志すきっかけになった理由などもあれば具体的に話せるといいのではないでしょうか。

介護職を正社員からはじめないメリットとは?

40代から介護職の正社員は難しいものの、最初にパートや派遣、アルバイトからスタートすることや予定正社員などの求人であれば十分にチャンスがあります。未経験の業種を最初から正社員でスタートしてしまう場合にも実はデメリットがあります。

最初から正社員で勤めた場合、途中で「あわないかも…」と感じても辞めづらくなってしまいます。実際に介護職の場合働く前にイメージしていた仕事と実際に仕事をしてみた時の違いを感じることもあります。そのため最初はアルバイトやパートなどで勤めてみて介護職を続けられそうか判断してみるのもいいのではないでしょうか。
試用期間もありますしちょうどいい機会になるはずです。正社員になってから途中で変な辞め方をしてしまうと、介護職も狭い世界ですので再就職する時に思うようにいかないこともあります。

こういったメリットから考えても介護職にパートやアルバイトで勤めるのは悪いことばかりではありません。実際に現場で働いている人の声を聞いた上で介護職について知ることもできますし、いい経験になるはずです。

40代から転職するのはとても勇気が入りますし体力もつかいます。ですが介護職という新しいフィールドで働いてみたいと思ったらぜひとも挑戦して欲しいです。介護職の仕事を通して学べることもたくさんありますし、正社員、管理職なども通常の会社よりもチャンスがあります。

資格を取得することでキャリアアップも見込める業種ですのでこれから新しい道にスタートしたい、キャリアを積みたいと考えている人にはとてもおすすめなのです。実際に50代になっても介護職に挑戦している人はたくさんいますのでやりたい、挑戦したいと思った時がチャンスだと思って頑張ってみてくださいね。

-介護転職コラム

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.