介護転職コラム

介護職の転職に学歴や職歴は関係あるの?

更新日:

これから介護職で働く場合気になることは、人手不足とはいっても誰でも働けるのかどうかということではないでしょうか。今まで仕事の経験がないと勤務することも難しいのか気になりますよね。意外にも面接で落ちる人もいる介護職ですが、採用時に学歴や職歴なども関係してくるのでしょうか。また、関係してしまう場合はどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。

介護職で学歴や職歴は関係あるの?

介護職で学歴や職歴が関係あるのかについてですがこれは△です。
全く関係ないともいえませんし、それだけで判断しているとも言い切れないからです。

学歴に関しては四大卒であることは関係ありません。なかには学歴を重要視するところもありますが大学を出ている・出ていないではなくて福祉系の専門学校に行っていればポイントは高くなりますよね。看護系の専門学校も同じです。介護職のように専門職の場合、実務経験がある人が一番重宝しますが、次に介護について知識がある人も重宝します。

次に職歴ですがこちらも介護職や看護の経験があるのかどうか、また前職ではどのぐらいの期間働いていたのかを確認しています。せっかく入社させてもすぐに辞めてしまっては意味がないためです。前職で介護や看護経験があれば即戦力として勤務できますし、人手不足だからこそ会社としても有り難いのです。

このように介護職の場合、実務経験の有無や知識をどのぐらい持っているのか知るために学歴や職歴で判断することもあります。

学歴や職歴がないときは資格をとろう

とはいっても介護職や介護の専門学校に行ってない、介護に関する職歴がなくても介護職で働くことはできます。

できるなら面接の前までに介護に関する簡単な資格を取得して、「私はこんなに介護の仕事がしたい」というのがアピールできればいいでしょう。

介護の資格は通信制で簡単に取得できるものもありますし、仕事をしながらでも取得できます。特に面接の時はお互いが初対面で相手の詳しい性格を判断するのは簡単なことではありませんよね。だからこそ学歴や職歴で多少は判断してしまうものなのです。

介護職で働きたいのであれば、学歴や職歴などを上回るほどのやる気をアピールできるようにしましょう。面接で経験談などを用意しておくとあなたのオリジナリティがでるのでおすすめです。介護職で一度勤めてしまえば経験者になりますし、別の介護関係の仕事への転職も強くなるはずです。

-介護転職コラム
-,

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.