介護転職コラム

介護職で働く時の服装は?髪の色も関係ある?

更新日:

介護職で働く時はどんな服装を選べばいいのか悩みますよね。アクティブに動く仕事だからこそできるだけ動きやすい洋服がいいですし、入浴介助などもあるので汚れてもいいものが理想的です。介護職で働く時の服装や装飾品などについて説明します。

介護職の勤務時の服装はどうすればいいの?

介護職の場合、制服を支給する場合と私服で勤務する場合の2パターンです。
制服になるとTシャツやポロシャツの買取制をおこなっているところが多く、入社と同時に購入して勤務の時に洗濯して使いまわすようなイメージです。制服がある職場の場合、毎回仕事のたびに洋服で悩むこともなく、同じ服で通勤していても利用者の方にはばれません。そのため、介護職で働くなら制服で働ける職場の方が楽だといえるでしょう。

また、訪問介護の場合はエプロンを支給する職場も多くこちらも洋服で悩む心配がありません。求人を探す時に「制服支給」とのっているところを選ぶといいでしょう。

また私服で勤務する場合は、シャツやベスト、トレーナー、ジーパンなどの動きやすい服装がおすすめです。間違えてもスカートで勤務するのは無理があります。

重いものをもったり介助する時にスカートでは思うように動けずに利用者の方に気を遣わせてしまったり、ケガや事故を招く原因となります。

介護職の髪色などの注意点とは?

介護職の場合、髪の色は黒やナチュラルな茶色程度が望ましいといえるでしょう。あまりに明るい髪の色やパーマなどだと利用者はもちろん、利用者の家族がみた時に「この人は本当に大丈夫かな?」と心配になってしまいます。

会社の看板を背負って介護に来ていること、第一印象が大切な仕事であることを考えると髪の色は注意しましょう。そもそも面接時に髪の色が原因で落とされてしまうこともあります。

また介護職の場合、ネイル特に爪を伸ばすのも厳禁です。利用者の方にケガをさせてしまうこともありますのでしっかりと爪をきり清潔感を意識しましょう。装飾品に関しても時計ぐらいは時間の管理もあるのでつけた方がいいですが、他のネックレスや指輪は華美にならない程度を意識しましょう。

介護職の場合、節度を守った範囲でおしゃれを楽しみながら勤務することが大切です。毎日同じ服装で飽きてしまう人はズボンをこだわったり、エプロンの下の洋服をかわいくして毎日の仕事がちょっとでも楽しくなる、楽しみになるような服装を心がけてみてもいいでしょう。

-介護転職コラム

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.