介護転職コラム

介護福祉士を取得するとキャリアが広がるって本当?

更新日:

介護福祉士は介護職のなかでも特に優秀な資格であり唯一の国家資格です。受験資格こそありますが、毎年60%~70%の高い合格率をほこり、介護福祉士を取得することでキャリアアップや転職にも便利になることから多くの人たちが挑戦しています。
どうして介護福祉士をとるとキャリアアップにも繋がるのでしょうか。

介護福祉士にはこんなメリットがあります

介護福祉士の資格を持っているとこんなメリットがあります。
介護福祉士の場合専門的知識はもちろん、技術を持っていることを証明している資格です。

そのため介護職の現場でいなくてはいけない存在であり、多くの需要が見込めるため、自分で好きな職場を選べるなどのメリットもあります。勤務形態や時間、休日、給与などの条件があう職場を探せるので生涯かけて働ける職を手に入れることになります。

さらに職場のリーダーとしてまとめたり、サービス提供責任者になったり、認定介護福祉士を目指しより専門性の高い分野にチャレンジすることもできます。

このように介護福祉士の資格を持っているだけで介護で携われる仕事の広さが全く違うので、介護職でキャリアアップしたい、専門的な知識を身につけてもっとがんばりたいと思っている人にはおすすめの資格だといえるでしょう。

介護福祉士になるのはどうしたらいいの?

介護福祉士になるには資格を受験するための定めた受験資格があります。
3年以上の実務経験や実務研修を終了した「実務ルート」と、福祉系の高校を出た「学歴ルート」、養成機関を受講したことで受験資格を得る「養成施設ルート」の3パターンです。

どの方法でルートを選択し、介護福祉士の資格試験に挑戦するのかによっても変わりますが実務経験があれば試験を受けることができるので、受験資格としては難しいものではありません。介護職に就職してある程度の期間時間をおいて、挑戦する人もいますので介護福祉を目指すのであればさまざまなルートがあることも覚えておきましょう。

介護福祉を目指すことでさまざまなチャンスを得ることになります。介護職の素晴らしさをもっと多くの人に伝えたいと思っている人も、受験資格を手に入れて介護福祉士の試験に挑戦してみてくださいね。ただし、受験資格にもあるように実務経験を得ているにも関わらず60%~70%の合格率となると実際には試験に合格するためには、自主的に勉強することも重要です。介護職でキャリアアップを目指してがんばりましょう。

-介護転職コラム

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.