介護転職コラム

介護職で時給がいいのはパートと派遣どっち?

更新日:

介護職にはさまざまな雇用形態があります。正社員で働くのが一番なのですがその分拘束時間が伸びてしまったり、責任のある仕事が増えてしまったりとそう簡単なものではありません。特に家庭がある人にとっては、子育てや家事などを併用するため自由に調整ができるパートや派遣での働き方を希望する人が増えています。

1週間でもある程度の時間働けば、社会保険にも加入できますし有給も発生します。ではパートと派遣の場合、介護職はどのぐらいの金額に差が出てくるのでしょうか。
それぞれの時給面から詳しく比較していきましょう。

介護職は有資格者かどうかで時給が変わる

介護職の時給や給与を左右するのはどんな理由があるのでしょうか。
特に中途採用の場合は、「保有資格」によって給料に差が出てきます。
次に「勤続年数」、「介護技術」といった順番です。いかに有資格者で経験が大切なのかがわかりますね。さらに「保有資格」の中でも、「介護福祉士」は一番評価が高く、次に「ケアマネージャー」「ヘルパー2級」であることがわかります。このような有資格者や経験によっても時給は大きく変わることは覚えておきましょう。

パートの場合、介護職の時給はいくら?

パートさんの場合は、有資格者でも時間給が800円~900円程度のところが多く、フルタイムでパートもして正社員と同様に夜勤や交代制の勤務、送迎、責任に対しても変わりがありません。中には1000円程度の時給を出して雑用全般をしている職場もあるようです。

無資格になるともっと条件が悪くなる場合もあり、しっかりと検討する必要があります。
子どもの託児所が無料だったり、残業代が出るところもあったり、パートでもボーナスを出してくれる職場もあります。待遇においては入ってみないと分からない部分もあると言ったところでしょうか。介護の場合時間給で割り切れない部分も多く、結局時間外の仕事も出てきてしまう場合が多いのです。時間の調整がきかないのもパートの大変なところですよね。

派遣の場合、介護職の時給はいくら?

派遣の場合は、有資格者でも1000円~1300円程度と、パートと比較しても高額であることがわかります。さらに雇用されている派遣会社の福利厚生で社会保険の加入や託児所などの施設を安い金額で利用できる場合もあり、派遣会社の方が待遇面ではメリットがあるといっても過言ではありません。派遣なら平均月収は20万~24万程度になるので生活が出来るレベルの金額ですよね。さらに残業させてしまうと時給が高いことから、残業などは少なく時間の優遇があるのも派遣のいいところでしょう。

介護職のパートと派遣では、ダントツ「派遣」の方が待遇も給料もいいのがわかります。同じ仕事をしているのに時給がここまで違うとは驚きですよね。時給が安いからと介護職を離れてしまうのは派遣で勤めてからでも遅くないと思います。社会貢献性の高い仕事ですので給料にもっと反映されると嬉しいですよね。

-介護転職コラム
-,

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.