介護転職コラム

地方移住を計画している人こそ介護職はおすすめ

更新日:

地域の活性化の期待を込めて地方移住を促進する地域も増えましたよね。都心部もなんでもあって住みやすい場所ですが、子どもの成長や将来のことを考えると地方に移住したいと考える人も少なくないようです。

そんな地方に住む場合、仕事はどうしたらいいのでしょうか?地域で斡旋してくれる仕事もありますが、できるだけ安定して働きたいと考えているあなたは介護職をおすすめします。

移住するなら介護職で働くのがおすすめ

地方に移住するとなると一番悩むのは仕事面です。移住に関するさまざまなサポートはあるものの日々の生活費は自分たちで稼がないと生活できないので、生活費を稼ぐために何とか仕事を探さないといけません。

そんな移住先でも必ず需要がある仕事が“介護職”です。
地方になればなるほど若者が不足し、高齢者のみで生活をしている場所もあります。
介護職ならデイサービス等を通し、地元の人たちのお役に立てることもあり移住したあとの仕事としておすすめなのです。

さらに、最初は地元の人たちと話す機会もなくなかなか打ち解けないと感じることもあるかもしれません。介護職は地域密着型サービスになりますので、仕事を通して交流が持てたり、これから生活していく上で、メリットとなることがたくさんあるでしょう。
では移住先で介護職で働きたい場合はどうしたらいいのでしょうか。

移住先で介護職を探す時はどうするの?

移住先の介護職を探す場合さまざまな方法で見つけます。

インターネットを通し地域で介護職を探していないのか検索する方法もいいでしょう。求人サイトはもちろん、地方自治体の公式サイトなどで募集しているのか調べてみると案外見つかるものです。いい条件の求人が見つからなければ独立開業するのも手でしょう。ただし、介護経験者に限ります。

移住する前に介護職の実務経験を見つけておいたり、資格を取得しておくとそれがいかせるので移住前に仕事を検討する時にあわせて検討してみてくださいね。通信講座などで介護の資格が取得できるものもありますので、移住した先でも気軽に勉強することもできます。

移住して今までと住む環境が変わると最初は不安に感じることもありますが、介護職のように手に職をつけておくとどこでも安心して働くことができます。これから特に高齢化社会が問題になっているからこそ将来に強い資格を身につけておきましょう。安定して働けることは家族との生活にかかせないものです。

-介護転職コラム

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.