介護転職コラム

介護職の生活相談員を目指すにはどうしたらいいの?

更新日:

介護職の仕事のなかに「生活相談員」とよばれる高齢者の自立更生を指導する仕事があります。1963年に施行した資格になり、2000年にできた介護保険制度の時にこの名前になりました。介護職の数ある仕事のなかでも人気のある「生活相談員」になるにはどうしたらいいのでしょうか。

生活相談員はどんな仕事をしているの?

生活相談員はさまざまな場所で活躍しています。老人ホームはもちろんデイサービスなどでも活躍しており、介護保険制度の法律で一定人数や時間に対して必ず施設におかなくてはならない必要義務があります。他にも病院や障害者施設などにも需要があります。そのため介護の求人のなかでも高給料であり、求人もあるのでこの資格を取得してしまえば、介護職である程度安定してお仕事ができるといったメリットもあります。

業務の幅が広く、老人ホームの入所手続き、相談業務、苦情窓口、デイサービスの連絡窓口など介護に関するさまざまな仕事に携われます。調整役の仕事も多いのでどうしても板挟みになってしまうこともあり、なかにはそういった仕事内容が多岐にわたることが嫌だと感じる人もいますが、生活相談員はやりがいはありとても楽しい仕事だといえるでしょう。

介護職の生活相談員になるにはどうしたらいいの?

介護職の生活相談員になるには一定の条件がないとできません。
そもそも生活相談員とは資格ではなく職種の名前です。
生活相談員の条件とは以下のとおりになります。

国が定める生活相談員の資格がある人

  • 社会福祉主事任用資格者
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士

都道府県が定める生活相談員の資格がある人

  • 介護支援専門員
  • 介護福祉士
  • 老人福祉施設の施設長経験者

などの資格を所持していることが必須です。ただし自治体によってもこの資格条件はことなるので生活相談員になりたいと思ったら、まずは確認するようにしましょうね。愛知県の場合、保育士を所持していると生活相談員として働くことができるなど自治体でよってまったく違います。

まとめ

介護職の生活相談員の場合、介護職のよろずやともいえるぐらいさまざまな仕事に挑戦できます。介護の分野をもっと良くしたいと思っている人であれば、その願いを形にすることだって夢じゃないのです。
介護職を目指す方は生活相談員を目指してみるといいと思います。肉体労働も少ないので長期間働くにはもってこいの資格だといえるでしょう。
生活相談員は多くの人から感謝してもらえるとてもやりがいのある仕事です。

-介護転職コラム

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.