介護転職コラム

介護職にむいている性格とは?

更新日:

介護職は大変な仕事だという人もいれば、介護職はやりがいがあり楽しい仕事だという人もいます。どんな仕事でも働く人の性格によって向き不向きがあるものです。せっかく働くのであれば仕事は楽しい方がいいですよね。介護職にはどんな性格が向いているのでしょうか。

介護職に向いている性格とは?

介護職をするならどんな性格が向いているのか詳しくみていきましょう。
あなたも気付かないだけで介護職に向いている性格かもしれませんよ。

慈愛精神が強い人

誰かの力になりたい・困っている人を助けたいと思える人は介護職に向いています。
介護職は簡単な仕事ではありませんし、困っている高齢者の役に立ちたい、助けてあげたいと思える人ならスタッフはもちろん誰からも好かれるはずです。

向上心が高い人

もっといろいろな仕事に携わりたいと思い、向上心をもって仕事を考えられる人は介護職に向いています。変化を嫌い今のままでいいやと思ってしまうと給料もたいして昇給しませんし、だんだんと仕事内容に飽きてしまう人もいるでしょう。
マネジメントをするような役職についてみたい、いつかは独立して老人ホームを作りたいなど将来に対して目標がある人は介護職がおすすめです。仕事にやりがいを求められる人もいいでしょう。

前向きな人

介護職の仕事はうまくいくときもあれば、失敗してしまい落ち込むこともあります。高齢者の人たちも十人十色で性格も違いますし、あう人もいればあわない人もいます。そんな時に、いちいち落ち込んでしまうと介護職で働くことが楽しいと思えなくなります
今日はこんなことがあったけど、前向きに頑張ろう!と失敗を引きずらないことも大切です。前向きになんでも取り組める人は仕事を覚えるのも早いので必ず即戦力になります。

介護職に向かない性格とは?

逆に介護職に向かない性格とは、仕事はできるだけ無理はしたくない決まった仕事以外はやりたくないと感じている人です。介護職は決まったルーチン以外の仕事もたくさんありますので自発的に行動することや、気配りができないとなかなか難しいかもしれません。
ただこういった思いで仕事をすれば介護職だけでなくどんな仕事でも結果をだすのは難しいといえるでしょう。

あなたは介護職に向いている性格に当てはまりましたか?
介護職に向いている性格をもっている人なら、必ずやりがいを感じるはずです。介護職は簡単な仕事ではありませんが、楽しいと思える仕事なら結果を残せます。介護職への転職に迷っているあなたもぜひ挑戦してみてくださいね。

-介護転職コラム

Copyright© 介護転職119 , 2019 AllRights Reserved.